5月はまだ春

      

今日はとても春らしい心地よい天気だった。ちょっと前までは朝は寒くて夕方からも結構冷え込んでいたんで日中は温かいんだけど、朝と夜が寒いんで、なんか羽織ってそこそこ温かい格好して日中は上着を脱ぐみたいな服装だったわけだけど・・・

 今日みたいにポカポカしている日は、朝から薄着で出られるのでいよいよになってきたのかなーってちょっと感じてきています。

 こういう季節の変わり目ってなんだか冬のかっこうが良いのか夏みたいな薄着がいいのか本当に判断が迷うし、気温差が激しい()

 実際日中は夏みたいに暑いのに、朝とか夜が暑いんで朝家を出る前は服装決めるのに本当に迷います!!

 そしてこの季節がすごいのが花粉!!

自分は幸いまだデビューしていないけど、デビューしている人達を見ているとみんな本当に辛そう自分もいつかデビューするんじゃないかと冷や冷やしてますが、幸いまだ大丈夫

 春は花見とかでみんな桜が多く植えられている公園とか、桜並木の有名場所に行って、酒を飲んだりする訳なんだけど実は私には花見って生涯で1度しか経験がなかったぁ。

 酒飲んで盛り上がってる陽気な場面見てみたいし、桜が満開な場所で食べるご飯とか美味しそうだなーって思うけど、もう5月半ば過ぎで、桜は一ヶ月前にもう既に散ってしまったんじゃない・・・来年こそ花見に行こうかしらん・・・

Posted in

グミガーム

      

私はコンビニに行ったら、新しいガムやグミやミントなどをついつい買うくせがあります。私自身はそういうものをあんまり食べないけど、主人が好きなので、新しい商品が出るたびに、主人に買っています。

まぁ、好き嫌いなフレーバーがあるけど、こういう商品はよほどひどい味じゃなければ、大体もそんなに変らない気がします。昼ごはんの後で口の匂いが気になるときや、仕事中にちょっと口が寂しいときは、こういうおやつは食べたくなる気持が分かるので、買ったものを何も言わずに主人のポケットに入れるのが、うちでは暗黙の了解です。

私は自分が全然食べないので、買う基準はおもにデザインから決めます。この前ね、コンビニにおいてるUHA味覚糖 グミガームがデザインがかっこよかったので、買ってみました。最初は、これがグミかガムかが分からなかったので、買って帰ったら、主人に食べてみてと勧めてみました。

味見だけと思ったら、私が料理を準備している間、主人は仕事関係の会社ティーネットジャパンのFacebookページを見ながら、このグミガームを1箱全部食べてしまいました。

これから、ご飯っていうのに、何してくれてるんですかって、ちょっと腹が立ちました。主人が謝りながら、このグミが本当においしかったから、つい・・・って、そこまで言うのなら、私も食べたくなって、もう1つ買ってきたグミガームを食べてみたところ、はまりましたぁ!甘すぎずに、歯応えがあって、1粒を食べたら、もう止まらなくなったぁ・・・



Posted in 未分類

ゆずの呪い

     

実家のお庭にゆずの木があります。この木は私の小さいごろからある木で、うちを守ってくれる「ゆずの神様」とかって、母が言い出して、とっても大切に扱っている木なんです。

本当に「ゆずの神様」がいるかどうか微妙なんですが、だって、うちの母は特に霊感もないし、信心深くもないし、ただお庭にいるこのゆず木をずっと見てるから、この木は不思議の力を持っているとあって欲しい結果、冗談半分で言っていると思います。別に本当に信じてるわけではありません。

でも、このゆずの木は神様がいるかどうか分からないですけど、このゆずの木は本当に力を持っています。私を嫌がらせする力です。

小さい頃から春になると、このゆずの木は小さくて可愛らしいゆずの身を結びます。食用ではないけど、小さいゆずの匂いが好きなので、私はお風呂に入れるか、そのまま手に持って、ずっと匂いを嗅ぐのが好きでした。

まだ子供の私の背が小さくて、なかなかゆずにととかないことでイラっとしたせいか、思い切りゆずの木を蹴ってしまいました。それでも、ゆず1つの落ちてこなかったでした。

それから、不思議のことが起きました。ゆずの実が結ぶ季節になると、家族全員を除いて、私1人でゆずの木の下を通ったりすると、必ず小さいなゆずが頭の上に落ちてきて、「いたっ」となります。しかも、「落ちるかな~また落ちるかな~」と気をつけたら、何も起きないのに、油断したら、またゆずが落ちてきます。

もしかしたら、あの時の恨みかなと、今でもゆずの実が頭に落ちって着ます。

そのことを母に言っても、「バカだね」って笑われます。春になると、実家の庭にあるあのゆずの木がやはり怖いです。



Posted in 未分類

がんばれ!ニッポン!

     

最近、私はすごく感動したことがありました。

マンションに下に止まっていたヤマトの配送車はいつも全然見ません、どうしてあんなに大きいなものが目の前に止めているのに、まったく目に入らないものでしょうね。

また、止まっていたヤマトの配送車の近くに通ってたら、ふっと目に入ったのは車体に書かれた「がんばれ!ニッポン!」の文字でした。

「がんばれ!ニッポン!」はすっごく美しくて、良い言葉ですね。特に、私は「ニッポン」という言葉はとても好きです。「ニッポン」という発音が力強くて、勢いを感じる言葉だと思います。

日本は、四季が分かりやすくて、環境が人に優しくて、美味しいものがたくさんあるし、サービスが良くて、全ての人種において世界一平和で、生きやすい国だと思います。

311地震の復興や、経済や政治の問題で、気を落とした人も少なくないかもしれませんが、全国に走るこのヤマトの配送車を目にかかって、「がんばれ!ニッポン!」ってフレーズに、私のように元気と勇気をもらう人もたくさんいるでしょう。

と思って、街でヤマトの配送車を見かけると、ついつい車体の「がんばれ!ニッポン!」のフレーズを探してしまう私を見て、「より良いにっぽんをするために、俺達も頑張らないと」主人もちょっぴり興奮気味になります。

がんばれ!ニッポン!



Posted in 未分類

元気で何より

     

主人の父は83歳の誕生日で、レストランを予約して、主人のご両親をレストランに連れて行きました。

歳のせいか、お父さんはかなり食が細くって、普段はあんまり食べないけど、せっかくなので、一生懸命に食べてくれましたけど、実は、お父さんのためにサプライズを用意して、最後に誕生日ケーキが出るはずでした。

そのために、お父さんはケーキも食べられるように、お父さんのコースのみ、量を少なめにしてもらいました。

大体外食する場合は、お母さんはお父さんの食べられない量を食べるようにしています。お母さんはいつもダイエットダイエットって叫びながら、結構の量を食べています。

食べ好きはよくないけど、歳を取ってもまだ食欲があるってことはとっても良いことだと思うので、お母さんが美味しそうに食べてることが元気な証拠に間違いないでしょう。

で、話を戻りますが、お父さんの誕生日の日は、元々料理を量を減らしたうえに、お母さんはいつものようにお父さんの料理を半分ぐらいに食べていたせいか、コースの最後の一品を出した後、お父さんはまだ一品食べられそうと珍しく言いましたが、しかし、お母さんは自分が1人前半を食べたから、もうお腹がいっぱいで、お父さんは自分の誕生日だからって、嬉しすぎで、無理に食べようと勘違いして、これ以上食べたら、具合が悪くなるのがダメだから、お父さんの「もう一品食べたい」って話を却下しました。

でも、お父さんはまだ食べたいと、二人でちょっともめ始めたとき、お店のサプライズで電気を消されました。主人のご両親は急に真っ暗になって、「停電だぁ」っとパニックに落ちながら、ケーキの蝋燭が消されました。

まぁ、結果はお父さんは無理なくケーキを食べてくれまして、両親ともはすごく喜んでくれまして、本当に良かったです。最後の帰り道は、お父さんがお母さんに話す声が聞こえました「お前、食べすぎだって」。なんか微笑ましい。



Posted in 未分類


Copyright © 毎日愉快な気分をくださいなぁブログ All right reserved.